ayumu_aoの日記

SIerから事業会社に転職したエンジニアが技術についてや組織論、本の話、今までの体験談などなどを個人的に垂れ流しています。

VagrantでAmazonLinux環境を構築してみる

VagrantでAmazonLinux環境を構築してみる

VagrantインストールからRubyRailsのインストールまで

動作環境構築について【Vagrant

最新のAmazonLinuxのboxを持ってくる(Virtualbox Only)

vagrant init mvbcoding/awslinux
vagrant up --provider virtualbox

Amazon Linuxへパッケージインストール

$ sudo su -
# yum -y install git

Rubyインストールに必要なパッケージインストール。

# yum -y install gcc-c++ glibc-headers openssl-devel readline libyaml-devel readline-devel zlib zlib-devel libffi-devel libxml2 libxslt libxml2-devel libxslt-devel sqlite-devel

※libffi-develをインストールしないで、「rbenv install -v X.X.X」を実行すると「./libffi-3.2.1/.libs/libffi.a: could not read symbols: Bad value」というエラーが表示されので要注意。

Rbenvインストール

# git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git /usr/local/rbenv
# cp -p /etc/profile /etc/profile.ORG
# diff /etc/profile /etc/profile.ORG
#

# echo 'export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"'' >> /etc/profile
# echo 'export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"' >> /etc/profile
# echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> /etc/profile

# source /etc/profile

ruby-buildインストール

# git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git /usr/local/rbenv/plugins/ruby-build
# sh /usr/local/rbenv/plugins/ruby-build/install.sh

RBENV_ROOT環境変数の有効化やrbenv init実行

# su - root

# env | grep RBENV
RBENV_ROOT=/usr/local/rbenv
RBENV_SHELL=bash
#

インストールしたrbenvバージョン確認

# rbenv --version
rbenv 0.4.0-146-g7ad01b2
#

Ruby インストール

# pwd
/root
# rbenv install -l
  (中略)
  2.1.5
  2.2.0-dev
  2.2.0-preview1
  2.2.0-preview2
  2.2.0-rc1
  2.2.0
  2.2.1
  2.3.0-dev
  jruby-1.5.6
  (中略)

# rbenv install -v X.X.X(ここの数字は適宜指定)
# rbenv rehash
# rbenv global X.X.X(指定したバージョンを再度指定)

Railsインストール

# pwd
/root
# gem update --system
# gem install nokogiri -- --use-system-libraries
# gem install --no-ri --no-rdoc rails
# gem install bundler
# rbenv rehash

インストールしたRailsのバージョンとgem確認

# rails -v
Rails X.X.X
#
# gem list

*** LOCAL GEMS ***

actionmailer (4.2.1)
actionpack (4.2.1)
(中略)
#

Rails環境構築完了

DB周辺

MariaDB

※rootユーザーのまま行う

vi /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo

# MariaDB 10.1 CentOS repository list - created 2016-03-13 07:22 UTC
# http://mariadb.org/mariadb/repositories/
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1/centos6-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1
# yum install -y MariaDB-server MariaDB-client
# /etc/init.d/mysql start
初期設定
# mysql_secure_installation
# chkconfig mysql on

nginx周辺

※rootユーザーのまま行う

インストール

# rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm
# yum install nginx
# which nginx
/usr/sbin/nginx

起動

# service nginx start
# chkconfig nginx on

webappユーザの作成

※同期フォルダを使う場合はこの手順は飛ばしwebappユーザーとなっている部分をvagrantユーザーに読み替えること

# cp -p /etc/passwd /etc/passwd.ORG
# cp -p /etc/shadow /etc/shadow.ORG
# cp -p /etc/group  /etc/group.ORG
# groupadd webapp
# useradd webapp -g webapp -d /home/webapp -s /bin/bash
# id webapp
uid=501(webapp) gid=501(webapp) groups=501(webapp)

webappユーザでrailsアプリケーションの作成

// webappユーザになる
# sudo su - webapp

// アプリケーションの作成
# rails new railsapp --skip-bundle
# cd railsapp/

// このままだとjsの実行環境が無いと怒られたのでGemfileに `gem 'therubyracer'` を追記
// gemファイルの「gem 'therubyracer', platforms: :ruby」のコメントアウト解除

# vi Gemfile

# See https://github.com/rails/execjs#readme for more supported runtimes
# gem 'therubyracer', platforms: :ruby
↓
# See https://github.com/rails/execjs#readme for more supported runtimes
gem 'therubyracer', platforms: :ruby


# bundle config build.nokogiri --use-system-libraries
# bundle install --path=vendor/bundle
# bundle exec rails s -b 0.0.0.0

ブラウザで http:// Public IPアドレス:3000 にアクセスしてrailsの初期画面が表示されたらOK。

nginxからpumaに接続するように設定

pumaの設定と起動

nginxからunix socketを使って接続するためにpumaの設定ファイルに設定を記載

vagrantなどの共有フォルダにプログラムを配置しない場合は

# echo 'app_root = File.expand_path("../..", __FILE__)' >> config/puma.rb
# echo 'bind "unix://#{app_root}/tmp/sockets/puma.sock"' >> config/puma.rb

vagrantなどの共有フォルダにプログラムを配置する場合は

※共有ディレクトリ配下にはpuma.sockが吐き出せないので要注意

# echo 'bind "unix:///var/tmp/sockets/puma.sock"' >> config/puma.rb

pumaをデーモンとして実行。

# bundle exec puma -d -C config/puma.rb

nginxの設定と再起動

rootユーザーで実行

nginxの実行ユーザをrailsアプリケーションの実行ユーザと同じwebappに変更。

# vi /etc/nginx/nginx.conf
user nginx;
↓
user webapp;

/etc/nginx/conf.d/webapp.confに設定を記載。

# /etc/nginx/conf.d/webapp.conf

upstream railsapp {
    # Path to Puma SOCK file, as defined previously
    # この部分は前述のsocketファイルの吐き出し位置を記載すること
    server unix:///path/to/railsapp/tmp/sockets/puma.sock fail_timeout=0;
}

server {
    listen 80;
    server_name サーバ名; ## 192.168.33.10など

    root /path/to/railsapp/public;

    try_files $uri/index.html $uri @railsapp;

    location / {
        proxy_pass http://railsapp;
        proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
        proxy_set_header Host $http_host;
        proxy_redirect off;
    }

    error_page 500 502 503 504 /500.html;
    client_max_body_size 4G;
    keepalive_timeout 10;
}

/var/lib/nginx にファイルが有るとwebappユーザでnginxを起動した時にキャッシュ関係のエラーが出ることがあるので、ディレクトリのownerをwebappユーザに変更。

# chown -R webapp /var/lib/nginx
# chown -R webapp /var/log/nginx

nginxを再起動。

# service nginx restart
Stopping nginx:                                            [  OK  ]
Starting nginx:                                            [  OK  ]

ブラウザで http:// Public IPアドレス にアクセスしてrailsの初期画面が表示されたら完了。